ドライバーのバイトが副業に向いている3つの理由

【本業の空いた時間に副業送迎ドライバー】

副業

風俗店の送迎ドライバーの仕事、
もちろん専業としてフルタイムで働くことも可能ですが、
・ちょっとした小遣い稼ぎでやってみたい
・風俗業界に興味がある
・今の一般の仕事を辞めてまではできない
などの理由で副業として、1日数時間のバイト勤務で働く人もいます。
デリヘルの送迎ドライバーの仕事がなぜ副業に向いているのか、その理由をまとめました。

◆デリヘルは特に就業可能時間が長い

送迎ドライバーの主戦場である「デリバリーヘルス」は他の風俗店(ファッションヘルス・ソープランドなど)・キャバクラなどと違い深夜営業が可能なのが特徴です。
極端に言えば24時間営業も可能です(首都圏では実際に24時間営業の店舗がある)。
営業時間が長いからと言って就業時間がそのまま長くはなりませんので安心して下さい。
大体においてシフトを組んで働くことになるので自分の希望時間帯はある程度最初に伝えておくと良いでしょう。

◆本業が終わってから働ける

営業時間が長い分、ドライバーとして就業できる時間の量が多くなります。
副業としてちょうどいい時間は本業が終わった夕方から深夜まで。
デリヘル業界で一番忙しくなる時間ですからドライバーの需要も高まります。
夜間の時間を有効利用したい人には特にオススメです。
本業の始業が遅い場合、24時間営業の店舗で朝方に働く方法もありますが体調管理には気をつけましょう。

◆知人バレしにくい

バイト自体、車の中にいることがほとんどで、知り合いと遭遇する心配はほとんどありません。
バレる可能性が高いのは、知人がデリヘルを利用したときくらいでしょう(料金の受け取りをドライバーが行うことがあり、そこで対面する)。
その場合はお互いに黙っておく理由があるので情報が漏れることはないでしょう。
街中で車ですれ違った際に見られることはあると思いますが知り合いを送っただけ、と言っておけば大丈夫です。
基本的にデリヘル嬢は後部座席に乗せますしそういった言い訳も多少通りやすいです。

風俗店の送迎ドライバーのバイトとは

風俗嬢をお客様の元へ送り届ける大切な仕事

授業

風俗店で働く送迎ドライバーの仕事内容を紹介します。
店舗によって細かい内容は異なりますが参考に。

風俗送迎ドライバーの主な業務

その名の通り送迎するわけですが、何を?といわれれば、それはデリ嬢
いわゆる『出張タイプ(デリバリー)の風俗サービスを行う女性』をお客の元へ女性を送り届けるのです。
彼女たちは風俗店に利益をもたらす重要な存在です。
彼女たちが稼いだお金が回りまわって自分の給料になります。
扱いは丁寧に、店の商品を扱うような気持ちで業務に望むことが肝心です。

風俗送迎ドライバー仕事の流れ

お客が店に電話
  ↓
受付スタッフが送迎先を指示(ラブホテルorお客の自宅)
  ↓
その指示の元、女性を乗せてお客のもとへ。
  ↓
代金の受け取り(お客から直接受け取る場合と、女性を介して受け取る場合があり)
※店舗によってはドライバーがしない場合も。
  ↓
次の指示があるまで現場待機(指示がある場合は次の送迎の仕事に移る)
  ↓
サービスを終えた女性を乗せて送る。受け取った代金を店舗スタッフに渡す。

忙しいときには複数のデリ嬢を送迎

ドライバーが少ない、もしくは忙しい時期は複数の女性を乗せて次々送迎をこなす必要があります。
とはいえ、基本的には配送の手続き・指示は店舗のスタッフが行うのでそれに従えばOK。
それほど特殊技術も必要ないので経験がなくとも誰でもできる仕事です。

女の子の出退勤の送迎を行う場合もある

出張タイプ(デリバリー)も含め、風俗店やキャバクラで働く女性の出勤・退勤時に自宅~店舗の送迎をする仕事もあります。
方向が近い場合は複数人を送ることもあります。
最後の女性を送ったらその報告をしてそのまま帰ります。

風俗店送迎ドライバーのバイトの注意点

【風俗送迎の仕事をする上で注意すること】

注意

どんな仕事でも予期せぬトラブルは起こるもの。
実際に働くことになった場合の注意点をまとめました。
対応は各店で異なるので事前にスタッフに確認しておくと安心です。

1、道に迷わない

ピザの宅配のように○○分以内、などと確約しているわけではありませんが到着が遅れすぎないように注意しましょう。
ある程度送迎先は決まってくるので(特定のラブホテル)慣れるとそれほど心配いりませんが、最初のうちは気をつけて。
全く土地勘のないところではナビが必須です。
もし迷った場合、大幅に遅れそうな場合は店のスタッフに連絡しておきましょう。
店舗のスタッフによっては送り先の住所を言わずに「ホテル名」だけを言う場合があります。
ホテル名は聞き間違いしやすいので面倒でも住所をしっかり確認しましょう

2、事故をおこさない

急ぎたい気持ちもあるでしょうが、くれぐれも安全運転で。
送り届ける女性は店の商品、それを問題なく届けてこその送迎ドライバーです。
警察の厄介になって店に目を付けれられるのは好ましくありません(即営業停止ではありませんが)

3、女性に手を出さない

車内で二人きりになるケースも多いとは思いますが、よけいなことは考えないほうがいいです。
あくまで店の商品と運ぶドライバーの関係を続けましょう。
バレた場合、ほとんどの確立でドライバー側のみに罰金・減給・クビなどの処分が待っています。
中にはドライバーを見下してくる女性もいますが、「仕事なんだ」とぐっと堪えましょう。
車内の沈黙が気まずく感じるかもしれませんが、無理に会話をする必要はありません。
挨拶くらいは常識としてしますが、その後は相手の出方を窺って相づちを打つ程度でも問題ありません。
むしろ、しゃべりすぎるドライバーは嫌われます。

4、お金の管理は慎重に

店舗によって違いますが、料金をドライバーがお客さんから受け取る場合があります。
また女の子が受け取った場合もドライバーが回収して最終的に事務所のスタッフに渡すことが多いです。
ちょっとした用事で車から離れる場合もきっちり施錠を。
下手すると盗まれて店からその分のお金を払うように言われてしまうかも知れません。