風俗店送迎ドライバーのバイトの注意点

【風俗送迎の仕事をする上で注意すること】

注意

どんな仕事でも予期せぬトラブルは起こるもの。
実際に働くことになった場合の注意点をまとめました。
対応は各店で異なるので事前にスタッフに確認しておくと安心です。

1、道に迷わない

ピザの宅配のように○○分以内、などと確約しているわけではありませんが到着が遅れすぎないように注意しましょう。
ある程度送迎先は決まってくるので(特定のラブホテル)慣れるとそれほど心配いりませんが、最初のうちは気をつけて。
全く土地勘のないところではナビが必須です。
もし迷った場合、大幅に遅れそうな場合は店のスタッフに連絡しておきましょう。
店舗のスタッフによっては送り先の住所を言わずに「ホテル名」だけを言う場合があります。
ホテル名は聞き間違いしやすいので面倒でも住所をしっかり確認しましょう

2、事故をおこさない

急ぎたい気持ちもあるでしょうが、くれぐれも安全運転で。
送り届ける女性は店の商品、それを問題なく届けてこその送迎ドライバーです。
警察の厄介になって店に目を付けれられるのは好ましくありません(即営業停止ではありませんが)

3、女性に手を出さない

車内で二人きりになるケースも多いとは思いますが、よけいなことは考えないほうがいいです。
あくまで店の商品と運ぶドライバーの関係を続けましょう。
バレた場合、ほとんどの確立でドライバー側のみに罰金・減給・クビなどの処分が待っています。
中にはドライバーを見下してくる女性もいますが、「仕事なんだ」とぐっと堪えましょう。
車内の沈黙が気まずく感じるかもしれませんが、無理に会話をする必要はありません。
挨拶くらいは常識としてしますが、その後は相手の出方を窺って相づちを打つ程度でも問題ありません。
むしろ、しゃべりすぎるドライバーは嫌われます。

4、お金の管理は慎重に

店舗によって違いますが、料金をドライバーがお客さんから受け取る場合があります。
また女の子が受け取った場合もドライバーが回収して最終的に事務所のスタッフに渡すことが多いです。
ちょっとした用事で車から離れる場合もきっちり施錠を。
下手すると盗まれて店からその分のお金を払うように言われてしまうかも知れません。

この記事へのコメント